日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

物販と期待値の考え方。(カンタンな確率の話です)

こんばんは。

日清焼そばUFOが
急に食べたくなることが
ありませんか?

今日がその日だったんですよね。

お昼にUFOを食べようとして
お湯を入れて作っていたんですよね。

考え事をしながらつくっていたんですよね。

それで、3分経ってから
お湯を捨てているときに
かなりの違和感を感じました。

お湯が黒いんですよね。

??

なんでお湯が黒んですかね?

??

10秒ほど考えた後に、自分が
いつの間にか
UFO事件に
巻き込まれているということに
気付きました。

なんと、
お湯を入れる前に
ソースを入れてしまっていたんですよね。

そうなると、
お湯を捨てるときに、
薄まったソースまで
一緒に捨てることになるじゃないですか。

麺が薄くなるのは分かっていても、
もう、
残りのお湯を
捨てるしか選択肢がないじゃないですか。

お湯を捨てるたびに、
いっしょにソースも
捨てられていきます。。

そして、すべてのお湯を捨てきった後に
蓋を開けてみると
今までに見たこともないくらいに
うすい色のUFOがそこにいました。

 

未確認飛行物体

 

がそこにいました。

一応フリカケをかけて
味を少しでもつけてみます。

一口、おそるおそる食べてみます。

うすいです。とにかくうすいです。

思わず、独り言で
「うっっわーーー。。」
とつぶやきます。

今までで食べたUFO、
いや、焼きそばの中で
一番上品な味がします。

たまらず、
市販のソースをかけてみます。

なんだか不思議な味がします。
もはやUFOではありません。

思わず、もう一度独り言で
「うっっわーーー。。」
とつぶやきます。

たまらず、何か味をつけようとして
今度はマヨネーズをかけてみます。

まさしく

絵にかいたような

 

泥沼状態です。

 

なぜか量がいつもより多く感じます。
なかなか食べ応えです。

でも、悪いのは自分なので
UFOは悪くないです。

もったいないので、なんとか
食べきろうと思っていたら
なかなかの量が減らないんですよね。

それであらためて、
外した蓋の部分を見てみたら
なんとよりによって

大盛

を買っていたんですよね。

パッケージはこうなっています。

『大盛めん130g
日清やきそば UFO 大盛
旨さ凝縮 濃い濃いソース ”ソース食おうぜ”』

となっています。

よりによって、

濃い濃いソースとなっています。

一番よいところが
完全に消されています。

というわけで、ラッコ流のやきそば

「大盛 うすうすソース ソースうすいぜ」

をなんとか食べきりましたが、
なかなかの食べ応えでした。

大盛にすると失敗したときの
ダメージも大きいのでくれぐれも
ご注意ください。

さてさて、
輸入ビジネスは物販ビジネスですが、
その中には、期待値という考え方があります。

なんか難しそうな言葉ですよね。

期待値とは、確率の話にも関係してきて、
「起こりうる値の平均値」のことなんですよね。

専門家ではないのでむずかしいことは分からないのですが
簡単に言うと、
ギャンブルなどで言うと
出したお金にたいして、
確率的に儲かるかどうかという話なんですよね。

たとえば、
サイコロを1回ふるたびに、10円払うとします。

6回ふると、60円かかりますよね。

でも、
サイコロの目が「1」が出たらあたりで
100円もらえるとします。

「1」が出る確率は6分の1ですよね。

そうすると、確率的には、
6回ふると60円支払って
もらえるお金が100円になります。

もちろん、「1」が出ないときもありますが、
何回も、何百回もこれを続けていれば
「1」が出る確率は、
次第に6分の1に近づいていきます。

そうなると、このゲームを続けていると
お金は少しずつ増えていくということに
なりますよね。

この場合、
期待値はプラスと言われます。

(計算式などの話をしだすと
複雑になりそうなので、考え方としては
この辺でやめておきます。)

物販ビジネスでうまくいく方は
このように期待値の考え方が
できる方が多いんですよね。

投資、FX、パチンコ、パチスロなど
が詳しい方はこの考え方が
自然にできる方が多くて、
うまくいく方がおおいです。

たとえば、
100個仕入れたとして、
そのうちの2個が不良品だったり
箱が潰れていたとしますよね。

でも、のこりの98個で
ちゃんと利益が出ていれば
2個が販売できなかったとしても
トータルの利益はプラスになりますよね。

同様に一部の商品が赤字であっても
トータルで黒字になればよいわけです。

この考え方ができる人は、
一つ一つの失敗にあまり気にしないで
どんどん仕入れをすることができます。

仕入れをすると、
それだけ上達も早くなりますよね。

結果、早く上手になって利益も
出せるようになります。

たしかに、
不良品があったり、箱が潰れていたりすると
ショックはうけますよね。赤字の商品があると、
「だいじょうぶなのかなー?」
と思うこともありますよね。

でも、一つ一つに一喜一憂しないで
トータルで利益を出すことも考えてみると
よいですよ。

そうすると、失敗しても気持ちが楽になりますし、
もっと高い視点で物販を見れるようになります。

挑戦していれば失敗しても、
それはある意味仕方がないことと
思えるようになります。
それがうまくいくキッカケにもつながります。

ながく物販を続けていくためにも
大事なな考え方ですので、参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
たくさん作っていたら、いつか料理も上手になれるかな。

↓うすうすUFOが気になる方は、クリックをどうぞ。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録