輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

パートナーさんが独立することはないですか?

   

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスをしていて、
作業を外注できる人を募集したとします。

 

それで、ランサーズや、
クラウドワークスなど
のサイトで募集して、
条件に合う人が見つかったとします。

 

それでなんですが、
よく聞かれるご質問としまして、

 

「仕事のやり方を教えてしまうと、
そのパートナーさんが、自分で
独立してしまうことはないですか?」

 

というご質問です。

 

なるほどですねー

 

これははじめのことは、
私も同じことを思っていたので、
お気持ちは良く分かります。

 

たしかに、そのパートナーさんが
「自分でビジネスを立ち上げて
途中でやめてしまう」
という可能性もなくはありません。

 

ですが、実際にやりとりしていくと、
その可能性は
低いと思っています。

 

実際に、
仕事をお願いしているパートナーさんに、

「英語もITスキルもあるし、
それだけ能力があるなら、
ご自分でビジネスをしたいと
思うことはないんですか?」

と聞いてみたことがあります。

 

そのとき、
みなさん同じように答えられるのが、

 

「それは、まったくないですよ。
自分でビジネスをするのは、
リスクもあるし、怖いです。
それよりも、作業をこなして
確実に報酬がもらえる方が気持ちが楽です。」

 

といったことを
言われます。

 

そうなんですよねー

 

私の周りも個人でビジネスをしたり、
会社を作ってビジネスをしたりする人が
多いので、いつの間にか
それが当たり前になってしまうんですよね。

 

ですが、一般的に考えると、
自分でビジネスをする人は、
少数派ですよね。

 

「月利10万円目標」
「月利50万円目標」といったことを
言っているのは、
一般的ではないですからね^^

 

一般的には、一定の仕事をして
その報酬をもらうというのが、
普通ですよね。

 

ですので、
仕事を教えてたら、
その人がやめてしまうのではないかというのは、
あまり気にしすぎない方がよいですよね。

 

それよりも、
あまり考えすぎずに
まずはやってみるという気持ちが大切です。

 

また、作業をお願いするときは、
全部のことを一人の方にお願いするのではなく、
部分的にお願いすると、
一人の方がもしやめてしまっても、
ダメージが少なくなります。

 

パートナーを
まだ募集したことがないという方は、
一度やってみると、
いろいろと経験になりますよ。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
少数派の中にいると、それが普通になってしまいます。

 

↓少数派の方、いつも応援のクリック、ありがとうございます^^





 - 輸入ビジネス