欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

PayPalが使えないときの決済方法について。

こんばんは。

ラッコです。いつもお世話になります。

輸入ビジネスのブログを
更新させてもらっています。

この度、読者の方から
ご質問をいただきました。

「ラッコさんの指に刺さったトゲの件で質問です。
結局どのようにしてトゲをとることができたんですか?
想像すると聞きたくない気持ちもありますが、
気になって仕方がないんです。」

ありがとうございます!

これはですねーー

・・・

やっぱり
聞かないほうがよいですね(笑)

あまり聞いたほうも
気持ちの良いものではないので
今回は
自粛をすることにします。

ご想像のとおりであっていると思います。

さてさて、
輸入ビジネスでよくあるケースについて
お話しさせてください。

海外のメーカーや会社と交渉して
取引ができるようになったとします。

そこで、よくあるケースで
PayPalが使えない
というパターンですね。

この場合は、
クレジットカード決済か
銀行振り込みになります。

クレジットカードの方が会社によって保証してくれるので
よいですが、それでもPayPalほど
安全性はありません。

以前、
クレジットカード情報を勝手に使われて
買い物をされてしまったという方も
いました。

こわいですよねーー

なので、特に最初は
できるだけPayPalでの決済を
おススメします。

どうしてもクレジットカード決済の場合は、
普段使っているカードとは別のカードで
仕入れるとよいです。

普段の仕入れに使っているカードだと
たくさんの中の一つになるので
万が一、不正利用されても気づきにくいですよね。

でも、普段あまり使わないカードだと
そういったときもすぐに見つけることができます。

また、銀行送金の場合もそうですが、
できれば事前に相手先に電話をして
相手がちゃんと電話に出てくれるかを
確認したほうが良いです。

これは、自分が英語が話せない場合は
パートナーさんを雇ってお願いすることもできます。

普段からきちんと電話に出てくれるならば、
なにかあったときも
電話することができますので、
その分対応の幅が増えます。

もともと電話番号も載せていない会社だと
ちょっと怖いですよね。

また、以下のような
サイトの信頼性をチェックするツール(サイト)
もありますので、これらで事前にチェックすることも大事です。

Scamadviser

こういったチェックするツールは
ほかにもいくつかあります。

でも、これらの方法を使っても、
これが完全に安全な方法ではないので
あくまでも自己責任にはなってきます。

なので、特に最初のころはやはり
PayPalで取引を重ねて、
お互いに信頼関係ができてきてから
クレカ決済や銀行送金を行った方が良いですね。

どうしてもPayPal以外で取引するなら、
テスト仕入れとして、少量仕入れることも大切です。

とういわけで、PayPalが使えないときの決済方法について
でした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
攻めるのも大事ですが、守るのも同じくらい大事です。

↓「ためになった」というところがあれば、
クリックしてもらえると今後の記事の参考にします^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^