欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

メーカー仕入れで商品の一部がどうも気になるとき。

こんばんは。

読者の方と直接お会いすることが
たまにありますが、そういったときに
いわれることがあります。

「ラッコさんのブログの
イラスト似ていると思いますが、
だれに頼まれたんですか?」

ということです。

これですね。

自分で10分くらいで作った似顔絵なんですよね。
似顔絵なんとかというツールで、適当に作ったものです。

「笑ったら目がなくなる」と仲の良い人に言われるので
それを再現してみました。
意外とポイントはつかめているのかもしれません。

もっと仲の良い人には、
「猫があくびしたときの顔」
と言われることもあります。
(もはや人間ではなくなっています。。)

ちなみに私はまったく絵心がないので
手書きで書いたらエライことになると思います。

もしどこかでお会いする機会があれば
似顔絵のご感想を聞かせてください。

さてさて、
たまにいただくお悩みの話です。

代理店系の商品や
メーカー仕入れで新規登録した商品について
のことです。

「この商品はそこそこ売れていて、利益も取れているのですが
この部分がお客様から不満があるんですよねー」

といったお悩みです。

これは、よくあることですね。
私もあります。

こういったときは、
感覚でもっとこうなったらいいのになー
というだけではなくて、
まずは実際のお客様のレビューをまとめます。

そして、日本語の横に
相手の国の言語で
翻訳を作ります。

そして、日本のお客様の声
ということで、その翻訳した資料とともに
メーカーの担当者に伝えます。

そうすると、メーカーなので
お客様の声には耳を傾けてくれます。

やっぱりメーカーなので、
モノづくりにはこだわりがあるんですよね。

これが、自国のお客さまの声だけではなくて
日本のお客さまの声でもおなじ扱いのようです。

単純に興味があるんですよね。

なので、一取引先の意見ではなくて
お客さまの意見ということであれば
聞き入れてくれることが多いです。

こういった声を伝えていくことで
次の商品開発にも生かされて
改善される可能性があります。

これって、うまくいけばすごいことですよね。

メーカーにとってもよいことですし
お客さまの不満を改善できれば
自分にとってももちろんよいです。
そして、お客さまにとってもよいですよね。

こういった意見は
遠慮しないで伝えていくと
それがあとあと自分に良い方に
返ってくる可能性もあります。

なので、「この商品はこういうものだ」と決めつけて
簡単にあきらめるのではなくて、
「メーカーと一緒に改善していこう」
と思えば、代理店として、
そして貿易会社として、もっとレベルアップできそうですよね。

せっかく自分でビジネスを行っているなら、
「自分がこれをやった」という
私らしい、なにか形に残せるものも残していきたいものです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
あなたにできる、あなたらしいポイントもきっとありますよ。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^