欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入でメーカーとZoomミーティングするときの新たな技。

こんばんは。

読者の方からの
メッセージです。

「ラッコさん、歯医者さんで
親知らずを抜くタイミングについてです。
それは、

痛くなったとき

がそのときです。
もしくは虫歯になったときです。」

あ、ありがとうございます!

そ、そうなんですね。
たしかに痛くなったときに抜くのが一番シンプルですね。

痛いので抜くしか方法がないですからね。

かなりスッキリしました。
そうなると、痛くならない限りは
抜かなくてもよいということに
なりますよね。

そうですか、あとは虫歯のときも
そのタイミングですね。

非常に明快で
シンプルなアドバイスありがとうございます。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はメーカー交渉で
Zoomミーティングについてお話ししますね。

欧米輸入ビジネスでメーカーとミティングするときの技

昨日、海外メーカーと
Zoomで3者通話でミーティングをしたんですよね。

相手のメーカーと、交渉兼通訳のパートナーさんと、私です。

それで、
事前に話す内容を
箇条書きにしてパートナーさんに渡していました。

このようにすると
お互いに段取りができるので
商談もスムーズになります。

ぜひおすすめです。

そして、昨日は新たな技を編み出したんですよね。

それは、
そのトピックごとの内容を
Zoomで画面共有して
映し出しながら話していくんですよね。

たとえば、
具体的には

●トピック1
クラウドファンディングについて
●内容
今月の中旬にクラウドファンディングをする予定です。
つきましては、あなたのホームページの写真や
Instagramの写真を使ってもよいでしょうか?

といった内容を
Google翻訳で表示します。

日本語 → 英語

というように表示しておけば、
パートナーさんも私も、メーカー側も
分かります。

さらに、パートナーさんが
通訳するときもめちゃめちゃスムーズです。

これ、昨日自分でやっていて
編み出したのですが
シンプルな方法ですが、効果絶大でした。

電話交渉や、Zoomでの交渉も
もっとスムーズにいきたいという方は
おススメです。

というわけで、
欧米輸入で、メーカー商談で新しい方法を編み出した件
についてでした。参考になれば幸いです。

効果絶大。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
一つずつ、タイミングを見て進めていく。これも大事です。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^