欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon、楽天の商品ページ (見出しのポイント編)

 

こんばんは。

お腹が空いたときに
ゆで卵に塩をかけて食べると
なんであんなにおいしいのでしょうか。

シンプルイズベストの極みです。

コメダ珈琲のモーニングもおすすめです。
ドリンクを頼むと、パンとゆで卵などがついてきます。
(神すぎ)

さてさて、
今日は商品ページの見出しについて
お話させてください。

Amazon、楽天の商品ページのキャッチコピーについて

Amazonや楽天などで
商品ページを作るとします。

Amazonの場合は、新規カタログで
バナーを作るとき。
楽天の場合は、バナーやランディングページを作るときですね。

このときに、見出し(タイトル)部分なのですが
ベネフィットや商品も伝えるのも大事なのですが
まずは、興味を引くということも
大事なんですよね。

まずは、お客さまの興味をひいて
内容を読んでもらえるようにします。

そこで、興味を持ってもらえなければ
お客さまは離脱して他のページに行ってしまいます。

ページに来てもらったら全部見てもらえる
と思うのは販売者側の都合で
お客さまの気持ちはそうではないことも多いです。

実際に、あなたが楽天やAmazon、Yahoo!ショッピング
などでお買い物をするときも
全部の文章を読まれないと思います。

興味があるところを、パッとみていき
画像でイメージして、口コミをチェックして。
他の商品と比べて。
といった流れになりますよね。

それが、実際にも起こっていると想定します。

なので、まずは興味を引いて
その後のコンテンツでそれを回収していく
という流れになります。

言い過ぎると、伝わりづらくなります。

何事も引き算も大事ということで。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
シンプルな味付けほど、素材の良さが引き立つものです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^