欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

「パートナーさんが、すぐにやめてしまいます」という場合。

こんばんは。

しばらく健康診断のため
アイスを控えていたのですが
ハーゲンダッツジャパンを
見かけてしまいました。

アイス自体も控えていたのに、
ハーゲンダッツを購入してしまいました。

・・・

やっぱりおいしいですね。。

去年もそうでしたが、
暑くなるとこれをやってしまいます。

セブンティーンアイスも食べたくなってきました。

完全なリバウンドですね。

あまりおいしいアイスを食べると
よけいにやめられなくなるので
禁アイス中の方はご注意ください。

さてさて、
よくいただくご相談で
「パートナーさんがなかなか続きません。
途中で連絡が取れなくなってやめてしまう方が多いです。」
といったご相談があります。

これは、ショックですよねー

私は今のところありがたいことに
音信不通で仕事を続けられなくなった
という方はいないのですし、
長く続けてくださる方が多いんですよね。

家庭の事情や、本業の事情以外だと
ご自分から辞めたいと言われることも
少ないんですよね。
(もしかすると、なかったかもしれません。)

でも、ご相談の内容は
よくあることで
原因はいろいろあるでしょうが、
やっぱり仕方がないということもあります。

考えられる原因を
お話ししてみると
代表的なものとしては

作業量に対する報酬が少なかった

というものがあるでしょう。

応募のときはこれくらいの金額でよいと思ったけど
実際やってみると大変だったというケースですね。

たとえば、海外の取引先に電話をしても
なかなかつながらない。
営業担当の方に代わってもらえない。
など不満が出ることもあるでしょう。

こういった場合は、
電話がつながらなくても
報酬が発生するような仕組みにするとか、
電話の内容を変えてみるとか
パートナーさんと相談しながら進めていくとよいでしょう。

大事なことは
マメに連絡を取ることだと
思っています。

とくに仕事に慣れてもらうときの最初のころですね。

私の場合は、
最初のころは少量の
作業をしてもらうようにします。

できれば、2、3日で終わる量ですね。

そして、やってもらったあとに、もう一度スカイプかチャットで話してみて
何か不満なことがないか?
作業していてやりずらいことがないか?
報酬はこれで問題ないか?
といったことをヒアリングするようにしています。

そうすると、不満がでるうちに
問題を解決することができます。

慣れてくれば、このようなヒアリングの
回数も減らしていっても
大丈夫です。

とくに最初のころは
お互いに慣れるまでは
このように気をつけて
仕事をお願いするようにしています。

慣れてくると、
パートナーさんの方から
「もうちょっとこうしたほうが良いですよ」
といった改善案も出してくれるようになります。

もちろん、できるだけこういった改善案は
採用します。

こうなってくると、
ほんと助かりますし、
パートナーさんとしても自分の案が通れば
やる気につながりますよね。

というわけで、まとめますと
・最初は小さな仕事をお願いする
・そして、マメに連絡を取ってヒアリングする
・不満があれば、改善していく
といったやり方をしています。

そして、できるだけ、
パートナーさんの気持ちになって
仕事お願いするということを心がけています。

こういったことは、
お互いに最初が大事なところがありますので
パートナーさんの定着率が低いという方は
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
長く続く縁は、それだけで貴重でありがたいものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録