欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

自社の商品の良いところを見つける一つの方法。

こんばんは。

この前、コンビニで
チョコモナカジャンボに似たような
商品で、
なんと「チョコなしバージョン」を発見しました。

あまり期待はしていませんでしたが、
ジャンボファンとして
念のため購入してみました。

だって、チョコモナカジャンボの
よさは
あのパリパリ感にあるじゃないですか。

それが、「チョコなし」となると
パリパリ感がないので
そりゃー
物足りないと思うじゃないですか。

でも、食べてみると
これがけっこういけるんですよね。

チョコがない分
バニラの甘みが
ダイレクトに伝わってきます。

予想外です。

これは、これでありですね。

残念なことにこのアイスが、
なんという商品だったのか
忘れてしまいました。

そのときに、メモしておけばよかったのですが、
ブログに書くためにそこまでする
余裕もありませんでした。
次発見したら、メモするようにします。
(ほかのことを頑張った方がよさそうな気もします。)

さてさて、輸入した商品を
自分が代理店となって
総代理店や独占販売権を獲得して
販売していくときのことです。

まず、大事なことは
その商品の特徴を知ることです。

それでなんですが、
その商品の特徴を知るために、
他社の製品もチェックするというのも大事なんですよね。

たとえば、自分の商品は普通の重さと思っていても、
他社の製品がすべて重かったら、
「軽くて持ち運びしやすい」
といったメリットが出てきますよね。

ほかに、たとえばコップを売っていて、
他の商品が
ザラザラした手触りだったり、
ゴツゴツした手触りだったとします。

そうなると、
「すべすべで滑らかな手触り」
といったメリットができますよね。

自分の商品だけでは
気づかなかったことも、
他の商品と比べてみることで
見えてくることもあるんですよね。

なので、他社の製品で
売れ筋のものを、2、3個
実際に買ってみて使ってみることは
自分の商品を知る上でも大切になります。

また、他社のレビューもチェックするとよいです。

とくに悪いレビューもしっかりチェックします。

ここで、他社のレビューのよくない意見を
打ち消すような内容が
自分が扱っている商品にあるならば、
それがウリになりますよね。

先ほどの例でいうと、
他社の製品は、
「大きすぎて、持ち運びづらい」
「表面がザラザラして、変なにおいがする」
といったことです。

こういったことを、打ち消すようなメリットが
自分の販売している商品にあれば
それがチャンスですよね。

というわけで、
周りを知ることで、自分を知ることができるという
ことでした。

力を売っていきたい商品ができたら、
競合の商品を実際に買ってみるのはおすすめですよ。
自分がお客さんになってみると、見えてくるもの多いですからね。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ピッチャー側と、キャッチャー側は、目線も、景色も違います。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録