欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

メールの返信が大幅に遅れてしまったときの対処法。

こんばんは。
ラッコです。

日々輸入ビジネスのことについて
ブログを更新しています。
いつも遊びに来てくださいまして、
ありがとうございます。

このたび、
輸入ビジネス実践者の方から
新しい情報をいただきましたので
共有します。

「ラッコさん、追加情報です。
山登りのとき、山頂付近でいただく
『ざるそばとコーラ』
の組み合わせは最高です。」

とのことです。

うわあ。
そうきましたかーー

山頂付近で見下ろす
グリーンの雄大な景色。

そして、軽く汗をかいて
ちょうどお腹がすいた頃にいただく
冷たく口当たりよい、
ツルツルとしたざるそばの食感。

そして、乾いた喉を
「シュワーー」と
気持ちよく潤してくれる
キンキンに冷えたコーラ。

きれいな空気を思いきり吸い込めば
清々しい気持ちになり、
遠くからはゆったりとした
鳥のさえずりが聞こえてくる。

めっっちゃ
いいじゃないですかーー
思わず想像してしまうじゃないですかー

ざるそばとコーラ、
ポテトチップスとコーラを
上回る可能性あるじゃないですかーー

山登りに行ったら、
「山に登りたいのか」
それとも
「ざるそばコーラを味わいたいのか」

目的が変わってきそうです。。

さてさて、
欧米輸入ビジネスの交渉について
いただいたご質問について
お答えしていきます。

「以前メールでコンタクトをとっていて、
返事が遅くなってしまって、そのまま返事を忘れてしまったところがあります。
この場合、もう一度一から仕切り直してメールしたほうが良いでしょうか?」

なるほどですねーー
かなり具体的で実践的な内容ですね。

まずは、そのまえに
基本的に返信が来たメールは早く返すのが理想的です。
できれば、次の日には返したいですね。

返事が遅くなると、
今度は相手からの返信も遅くなってきて、
リズムに乗ることができず、
交渉がうまくいかないことが多いです。

それよりも、
タイミングよくメールでキャッチボールできているほうが
交渉もスムーズにいくことが多いです。
なので、文章の内容もそうですが、
リズムも大事なんですよね。

それでなのですが、
ご質問の場合、まずそのメールが遅れた期間にもよります。
たとえば、メールの返信が遅れたのが
1週間程度であれば、素直に返信が遅れたことを謝ります。
そして、謝ったうえで、交渉を続けていきます。

それで、返信がなければ
改めて新規でもう一度メールを送るとよいでしょう。

そして、たとえば
もしメールが遅れた期間が3カ月くらいだったとします。
もはや忘れていたレベルとしか言いようがないですね。

この場合は、冒頭に以前メールしたことを謝って
もう一度仕切り直して送った方が印象が良いように思えます。
3か月前の話を今さらされても、
相手の立場になってみると、数ある取引の中の一つなので
おそらく覚えていないですよね^^

逆に相手から印象が強ければ
向こうから催促が来るはずですが、
それもなかったということになるので、
やはり覚えていない可能性が高いですよね。

こういったメールが遅れてしまった場合は、
自分が相手の立場だったらと考えてみると
イメージがつきやすいですね。

私も取引がうまくいくときほど、
相手の担当者の顔がイメージできながら
交渉を進めていることが多いです。

というわけで、
メールの返信が遅れてしまったときについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
イメージがうまく膨らめば、自然と「相手の声」が聞こえてきます。

↓山よりも「ざるぞばコーラ」を想像してしまった方は、クリックをどうぞ。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録