欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

リサーチが最近うまくいかなくなったとき。

こんばんは。

先日の大雨で
車が水に浸かってしまって
使えなくなったという方の
話を聞きました。

九州はよく台風がきますが
福岡まで上がってくると
なかなか直撃しないんですよね。

直撃しそうな方向には
来るのですが、手前のところで
左右のどちらかに曲がっていきます。

逆に九州の南側の方が
直撃が多い印象があります。

沖縄の方は大変でしょうが、
もう慣れてしまっているのもあるのでしょうね。

どちらにしても台風がくると
大変なので大雨になりそうなときは
事前に準備したいものです。

さてさて、
今日はストレートなご質問です。
気持ちがいいです。

「リサーチしても商品がみつかりません。
どうしたらよいですか??」

いやー、気持ちが良いですね。

もうこれは、あるあるの中の
あるあるのご質問ですね。

こういった方に多いのが
リサーチしていて
最初の頃はボチボチ見つかっていたけど、
やっているうちに見つからなくなった。

というパターンか、
最初の頃は利益が出ていたけど、
すぐに値崩れするようになった。

というパターンが多いようですね。

これって、周りの環境のせいにもしたくなりますが、
周りの環境って自分では変えられないですよね。

そうなると、自分の方を変えていった方が
よさそうですね。

まず、気を付けてほしいことが

いつもと同じようなワンパターンになっていないか

ということです。

単に、「輸入」というキーワードでリサーチして、
出てきたセラーをチェックする。
そして、そのセラーの扱っている商品をチェックする。

おもちゃのジャンルで、
壊れにくそうなものを見つけている。
できれば、ポンポン売れるような商品で、
コンパクトで、競合も少ない商品がいいな。

それでいて、単価があまり高いと
返品や故障があったときが怖いので
できれば、値段は3,000円から5,000円くらいが
よいな。

となっていませんかね?

これだと、他の人も同じように考えそうな気がしますよね^^

もちろん、リサーチの仕方としては
基本的なのでよいのですが、
あまりワンパターンになりすぎると
結果的に他の人と同じような結果になります。

そして、初心者の人たちと同じような
考えであればあるほど、
初心者の人たちの価格競争に巻き込まれてしまいます。

慣れていないと、急に値段が下がると怖くて
自分も下げてしまいますからね。

なので、自分なりに考えて
工夫ししながらリサーチすることが大事なんですよね。

考えるのは、なんでもいいんですよね。

たとえば、
「この商品は英語だけのタイトルなのになんでこんなに売れているんだろう?
このメーカーの指名買いでみんな買っているのかな?」

「この商品は相場より高めなのにポツポツ売れているなー
もう少し安めに設定すればもっと売れるかも」

「写真がきれいでないから、もっと良い写真で
広告を打って、タイトルも変えていけばもっと売れるかも。」

「食品衛生などのジャンルって、初心者なら嫌がるだろうから、
逆にこっちを重点的に攻めてみようかな。」

「かなり大きな商品なんだけど、逆にこっちをやってみようかな」

といった感じです。

リサーチしながら、
頭の中でグルグルグルグル
考えるんです。

手を動かしていますが、
それ以上に
頭の中でグルグル考えるんです。

そうすると、ふと
よいアイデアが浮かんできます。

そのアイデアや、
キーワードでリサーチします。

たいてい
うまくいきません。

でも、たまにうまくいくことがあります。

うまくいったら、どうしてうまくいったかを
もう一度考えてみます。

グルグルグルグル考えて、
もっとよい方法を考えてみます。

そうすると、そこで
あなただけのやり方ができてきます。

あなただけのスタイルができてきます。

そうすれば、やっていて
もっと楽しくなります。

リサーチのコツや、技を
ネットであちこち調べてるよりも
一度ゼロベースで自分の中から
考えてみるのもよさそうですよね。

その中にすばらしいアイデアが
眠っているかもしれません。

そうして、その中から
「あなただけのスタイル」
がみつかると
もっとビジネスも楽しめそうですね^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
子供の頃、砂場で自分が作ったトンネルは、みていてワクワクします。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録