欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスの商品ページ作成時のデザイナーさんの選び方。

こんばんは。

一日7時間は
睡眠をとりたいのですが、
ここ数日ちょっと寝不足気味です。

私の場合、
6時間よりすくなくなると
途端に脳の働きが鈍くなります。

頭がボーっとして
スピード感も出ませんし、
集中力も鈍くなって
ミスが多くなってしまいます。

あとで、自分でした仕事を
見直して
なんでこんなミスをしたんだろう?
と思うことがあります。

睡眠時間は大事ですよね。

さてさて、
今日は輸入ビジネスの
新規商品ページの作成についてお話しさせてください。

特に輸入代理店契約や
独占販売権契約を
したときにページを作っていくときですね。

ページを作るときに
バナーを作っていきます。

それで、バナーを作るときには
デザイナーさんに依頼するのが一般的です。

一般的には
1枚当たり2000円から高くても5000円くらいでしょうか。

Amazonの場合は、
それを6枚作ってもらって
合計7枚の画像を載せるのが一般的です。

それでなんでですが、
クラウドワークスや
ランサーズーでデザイナーさんを
募集しますよね。

いろいろなデザイナーさんから
応募があります。

そうなると、どの方に頼んでよいのか
分からなくなりますよね。

この場合、
私の場合は
過去の作品を送ってもらうようにします。

あまり経験の少ない人や
デザイナーが本業でない方は
お願いしないようにしていて
プロの方や、以前プロだったけれど
今は主婦をしながらデザインをしている

といった方にお願いするようにしています。

そして、過去のデザインを見て
センスの良い方を選ぶようにしています。

ここら辺は好みですね。

私の場合は、
スッキリしていて、
高級感のある
シンプルなデザインが好きなので
そのようなデザインが得意な方にお願いしています。

具体的には
一枚のバナーにいろいろなフォントを使っている
バナーは統一感がなくなります。

また、文字が小さくて
文字の量が多い場合も
見づらくなります。

カラーも多くて
3色までにしたほうが
見やすいですね。

こういったことを
見てみるとよいですよ。

それでも、
どんなデザインが良いか分からない?
というときは、

ちょっとしたコツがあります。

それはバナーを

一枚の絵として見る

ということですね。

絵としてみたときに
文字がゴチャゴチャして見づらかったり、
色が多すぎて、目がチラチラするような
デザインは外すようにしています。

絵としてみたときに
きれいな絵だな
と思えるデザインを作っている
デザイナーさんにお願いするようにしています。

ここで、相性のよいデザイナーさんに
お願いできればあとが
ほんと楽になります。

最終的には好みになりますが、
お客様目線で見たときに
見やすいものにすればよいですね。

というわけで、
商品ページ作成時のデザイナーさんの
見分け方についてでした。

参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
きれいな絵を見たときは、気持ちもいい気分になります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^