欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスの時間管理について(モチベーションキープ編)

こんばんは。

先日久しぶりにジムで
筋トレをしたのですが、
自分がたるんでいたことにきづきました。

めっちゃ筋肉痛です。

家で腕立て伏せなどはするようにしていたのですが、
それだと
たいした運動になっていないようです。

ちなみにコンサルティングの受講者の方で
筋トレ好きの通称マッスルコンサルタントが
いらっしゃるのですが、

その方の話では、

毎回気分が悪くなって吐きそうになるまで
自分の筋肉を追いこんでいく

そうです。

そ、それは追い込みすぎじゃないんですかね。

健康のためにやっていて、
一見、健康にわるい気がするのですが
私だけですかね。

さてさて、
輸入ビジネスでよくいただくお悩みについて
お話しさせてください。

「ラッコさん、私は一つのことがなかなか長く続きません。
輸入ビジネスも気分がのったら、リサーチができますが、
気分が乗らないと、すぐにYouTubeやTwitterを見てしまいます。
一日休むと、その次の日もやる気が起きません。
どうすればよいのでしょうか?」

とのお悩みです。

どうですかね?

あなたも思いあたることがありますかね?

こういったお悩みの方にまず考えてほしいのが、
ほんとうに輸入ビジネスで結果を出したいのか?
ということですね。

もともと誰かに強制されてからはじめたわけではないので、
やめようと思えば、いつでもやめれますよね。
やりたくないことを、ムリにすることもないかと思います。

でも、もし輸入ビジネスで叶えたい目標があったり、
お金を稼ぎたかったり、自由な時間を手に入れたかったり、
海外旅行に行きたかったり、自信をつけたかったり。
こういう夢や目標があるなら、せっかくはじめたのを
やめるのはもったいないですよね。

こういった
作業のやる気に日によって変わる方は、
ルーティンワークにしてしまうことをおススメします。

本業の方は、朝起きてから机に向かうまで。

副業の方は、家に帰ってから机に向かうまで。

どういう流れでやっていくか、自分なりに考えます。

本業の人であれば、たとえば、
・朝起きて、窓を開けて、別途メーキングして。
・顔を洗って、お茶を入れて、部屋を片付けて、デスク周りを片付けて、
・今日のやることを確認して、イメージして、
・パソコンのスイッチを入れて、売上を確認して、顧客対応をして・・

と起きてから、仕事に入るまでを一連の流れにします。

そうすると、やる気がどうのこうの、
モチベーションがどうのこうのということではなくて、
勝手に仕事に入れますよね。

副業の方でもそうです。
たとえば、
・帰ってから、お風呂に入って、着替えて。
・ストレッチして、夕食を食べて、歯を磨いて
・パソコンのスイッチを入れて、売上を確認して・・・

と同じように
やっていきます。

ポイントしては、

これを毎日続ける

ということです。

3日一回とかになってしまうと
続きませんし、逆にがんばらないといけなくなるので
大変です。

それよりも、
頭ではなくて、体が覚えるような感覚で
体に動きをしみこませていきます。

そうすれば、勝手に体が動いて
作業にかかります。

手を動かしていれば、次第に頭も冴えて
集中していけます。

まずは、とりかかりからですね。

というわけで、
輸入ビジネスが集中できるときと、できないときに差があるとき
についてでした。

こういった仕事のやり方って積み重なると
めちゃくちゃ大きな差につながりますので
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
歯磨きや、お風呂のように、輸入も生活の一部に。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^