欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

クラウドファンディングと船便での3つの反省点。

こんばんは。

食べ物の好き嫌いは
ほとんどないのですが、
どうしてもあのお方だけは
克服できません。

あのお方とは、
そうです。

パクチー殿

です。

いろんな食べ物がある中で、
あのお方だけは
別格だと思うんですよね。

葉っぱ系で個性のあるものって、
水菜とか、
セリとかシュンギクとか
いろいろあるじゃないですか。

でも、
あのお方だけだけは、
そういった次元ではない

パクチー

というジャンル
を確立されている思うんですよね。

肉、魚、パクチー

のようなレベルです。

わかってもらえる人が
いたらうれしいです。

パクチー好きの方、
ほんとすみません。。

さてさて、
先日、クラウドファンディングで
販売した商品がトラブルに巻き込まれております。

中国の工場からの発送が遅れているんですよね。

原因としては、
船便で輸入しようとしているのですが、
これが混載便なんですよね。

そして、
その混載便の他の荷主さんの荷物が
税関で止められていて、
その影響で他の荷物も一緒に
止まっているという状況です。

自分の荷物ならどうにかなるのですが、
ほかの荷主さんの荷物なので
どうにもできません。

これはまいりました。

送付期限も過ぎてしまっていて、
現在、クラウドファンディングのお客さまに
お詫びのメッセージを数回送っているところです。

今回の反省を踏まえて、
私と同じような失敗をされないように
今後の方針をシェアさせてもらいましたね。

まず一つ目としては、
船便の混載便は要注意ということです。

特に今回は、はじめてのルートだったために
どうなるか予想がつきませんでした。
いつも慣れているならともかく、
クラウドファンディングで初めて扱うような
商品のときは特に注意が必要です。

二つ目としては、
航空便に早めに切り替えればよかったということです。

もっと早く遅れに気づいて、
追加料金を払ってでも航空便で輸入すべきでした。
フォワーダーさんが
「今から航空便に切り替えるくらいなら、船便でこのまま輸入したほうが良い」
というアドバイスがあったのですが、

それを振り切ってでも
自分の判断で航空便に切り替えるべきでした。

3つ目としては、
クラウドファンディングの送付期限をもっと余裕を持つべきということです。

私としては、余裕を持っていたつもりですが、
輸入の場合、何が起こるか分かりません。

なので、思っていた以上に余裕をもって
予想よりも2、3カ月ゆっくり期限を持った方が良いですね。

これが、私の今回の反省です。

といっても、まだ解決したわけではないので
ヒヤヒヤしています。

恥ずかしい話ですが、失敗談を共有させてもらいました。

また動きがあれば、
ブログでもシェアしていきますね。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
一つの失敗で、学べることは多くあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^