欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon 「エラーコード 5461」のときの対応方法(ブランド登録承認)。

こんばんは。

また急に
暖かくなってきましたね。

もうすぐ桜の時期ですね。

一年のうちで
桜の時期が一番好きな季節なんですよね。

寒いのが苦手というのもありますが、
桜の咲いている季節は、
なんだか気持ちが新たになって
新しいことに挑戦したくなります。

私が住んでいる福岡では、
桜の時期になると、
中洲という街に屋台が並ぶところがあるのですが、
こちらの川沿いに桜が咲き並びます。

桜を見ながら、屋台というのも
なかなかいい感じですよ。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが、
今日はAmazonの新規登録についての
情報共有です。

最近、Amazonに新規登録しようとすると
「エラーコード:5461」というエラーが出て
と登録できないことがあります。

たとえば、代理店ビジネスで
海外メーカーの総代理店として
商品を新規登録したいとします。

この場合、
並行輸入品のページがすでにあったとしますよね。
そして、そのページに
自分が出品したい商品のUPCコードが登録されていたとします。

このときに、
新規で正規品のページを作ろうとしたときに
このエラーが出てしまうと、
ページを作るのがむずかしい状態だったんですよね。

なので、いろいろと調べていたら
海外のメーカー側が、
Amazon.comにブランド登録をしていたんですよね。

そして、メーカーから
私のアカウントをブランド登録のアカウントとして
追加してもらうことで解決することができましたs。

そのやり方としては、
①メーカーに連絡して、ブランド登録に追加してほしいとお願いする。
②アメリカでのそのブランドの商標番号を聞く。

③日本のアマゾンでブランド登録の申請をする
→Amazonセラーセントラル
→ヘルプの検索窓に「ブランド登録」と入力
→Amazonブランド登録
→必要事項に入力。商標番号を入力するところがあるので
ここに、メーカーから聞いた商標番号を入力

④申請する。
⑤メーカー側が申請を許可したらオッケー。

という流れになります。

カンタンですよね。

このやり方で、
私も日本のAmazonで
このブランドの商品を登録できるようになりました。

成功です。

とうわけで、代理店ビジネスでのAmazon
「エラーコード 5461」のときの対応方法でした。

ネットで調べた情報ではなくて、
自分自身でいろいろと試してみて
うまくいったやりかたなので、
同じような状況でお困りの方の
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
できなかったことが、できるようになると、それだけで気持ちが良いです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^