欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

代理店ビジネスで商品を売る前に考えること。

こんばんは。

毎年の恒例ですが、
全国健康保険協会から届いた
「全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防検診対象者一覧 令和3年度」
に申し込みをしました。

私の場合は、毎年の6月にこの
「全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防検診対象者一覧 令和3年度」
を使って、申し込みをするようにしています。

カンタンにいうと、

健診

を予約しました。

この長さ、
相変わらず
惚れ惚れします。

個人でビジネスをしていると
体調管理って自分でするしかないんですよね。

なので、私の場合は
この様式が送られたときに
すぐに検診を予約するようにしています。

あなたも
「最近健康診断をしていないなー」
と思ったら定期的に受けられるのをおススメします。

健康管理が
ビジネスのスタートになりますからね。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
特に代理店ビジネスの販売について
お話しさせてください。

新しい商品を販売するときに
大事なことがあるのですが、

それは、

どのようなお客さまに対して売っていくのか

ということです。

たとえば、
ある輸入商品のリュックサックがあったとします。
これが、大容量のリュックサックだとしますよね。

この商品を
「アウトドア好きの人」向けに販売することもできます。

また、これが自転車に乗る人にちょうど良い
サイズであれば

「通勤で自転車に乗る人」向けに販売することもできます。

また、これがノートパソコンを持ち運びするのに
便利なものであれば、

「ノートパソコンを持ち歩くビジネスマン」向けに販売することもできます。

アウトドア好きの人向けに販売するのと、
都会で仕事をするビジネスマン向けに販売するのとでは
全然商品ページも違ってきますよね。

商品の写真を選ぶにしても
アウトドア向けであれば、自然の中で使っている写真や
キャンプの中で使っている写真がよいですよね。

逆に、ビジネスマン向けであれば
街の中でリュックを背負って歩いている写真が
よいかもしれません。

なので、最初に

どのようなお客さまに販売するのか

を決めることで
そのあとの売り方が変わってくるんですよね。

よくペルソナといった具体的な一人のお客様増を
設定したほうが良いというお話もありますが、
それよりももっと、大きなものになります。

子供向けなのと、大人向けなのでも
商品ページは変わってきます。

同じ子供向けでも
家でゲームをするのが好きな子供向けなのか、
外で元気に遊ぶのが好きな子供向けなのでも
商品の売り方は変わってきますよね。

そのようなイメージになります。

なので、もしあなたがこれから
代理店ビジネスで商品の販売方法を
考えていくとしたら
どのようなお客さまに販売するのかも
考えてみるとよいですよ。

考えていくうちに
また新たなお客さまが見えてくることも多いですよ。

というわけで、
代理店ビジネスで商品を売る前に考えること
についてでした。
さらっとお話ししましたが、けっこう大事なことなので
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
旅行用、移動用、保管用。人によって使い方も様々です。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^