欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスの仕組化の2つの方法。(仕組化シリーズ)

こんばんは。

読者の方からの
ご感想です。

「ラッコさんは、ブログの中で
誇張したような表現がなくて
ありのままを、単純にそのままと話されているだけの感じがします。
でもそれが、安心できます。」

あ、ありがとうございます。

そんなに単純ですかね。

なんか、
何も考えていない感じになっていませんかね。

よく言えば、自然のままという感じですかね。

でも、そういっていただけるのは
ありがたいですね。

たしかに、ブログでは
普段私が輸入ビジネスを実践していることや
その中で通じた知識などを
できるだけそのままお話しするようにしています。

もともと大した人間ではないのですが、
自分をより大きく見せようとしたりすると、
実際に読者の方とお会いしたときに
ギャップがありますよね。

なので、ブログでも普通通りにお話しして
コンサルティングでも普通通りにお話しして
実際にお会いしたときも普通通りにお話しするようにしています。

そうすると、
単純に気を遣わなくてよいので
自分が楽だからです。

なので、実際にお会いしたときに
「ブログの印象の通りですね」
と言われるとけっこううれしいですね。

実際の方が、もっとゆるいかもしれませんが。。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが、
今日が仕組化、外注化についてお話しさせてください。

仕組化、外注化というと
何やら難しいですが
慣れてくると意外と簡単です。

仕組化については
大きく2つがありますので
今日はこのことだけ覚えてもらえるとうれしいです。

その2つとは、

1 ツールを使う
2 人に頼む

です。

いろいろと仕組化といわれますが、
大まかに言えば、この2つのどちらかになります。

シンプルですよね。

なので、何か仕事があって
それを仕組化しようとするときは
「このどちらかにあてはまるかな?」
を考えるとよいです。

一つはツールですね。

たとえば、
Excelに売り上げを入力する
売れた在庫の数をカウントする
集計する
分析する
といった数字に関することはこちらがやりやすいです。

基本的に
Excelに入力したり、
集計したりする作業は
Excelの関数や、マクロ機能を使えば
ほどんどができるようになっています。

なので、自分でできることは
自分で関数を調べてやってみるのもよいです。

ですが、
「ちょっとこれはむずかしいな?」
と感じたら、迷わず専門家に依頼するようにしましょう。

クラウドワークスや、ランサーズで依頼すれば
プログラマーの方がたくさんいらっしゃいますので
その方の中から条件が合う人を見つけるとよいです。

次に、人にお願いする方ですね。

たとえば、
海外のメーカーにメールしてもらう
海外のメーカーに電話してもらう
通訳してもらう
納品作業してもらう
といった内容です。

このように、ちょっとツールでは
むずかしいなと思う内容は、
人にお願いするようにしましょう。

こちらも、ランサーズやクラウドワークスで
募集すれば、条件に合う人が見つかるはずです。

もし、応募が少なかったら
もう一度、応募する人に気持ちになって
再募集してみましょう。

何度か繰り返すうちに、
募集の仕方も上手になっていきます。

というわけで、
今日は仕組化についての2つの方法
についてでした。

まずはここから入っていくと
仕組化も分かりやすいので、
参考にしてもらえると幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
家を建てるときも、道具を使うとき、人に運んでもらうときがあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^