欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入の仕事の外注化2(できること編)

 

こんばんは。

最近は、食事の他に
睡眠の研究をしています。

研究というか、自分を実験台にして
いろいろと試しているだけです。

それで、分かってきたのが
湿度
が睡眠に関係してくるということです。

あくまでも自分の話ですが、
特に冬の時期に乾燥しているときに
空気が乾燥している部屋で寝るよりも
ある程度湿度がある部屋で寝たほうが
快適に眠れます。

起きたときに気持ちが良いです。

ということで、加湿器が必需品になってきました。
また研究結果がでましたら、
ブログでもシェアしていきますね。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが
今日も引き続いて、
仕組み化についてお話していきますね。

欧米輸入の仕組み化について

前回の話で、洗い出しについてお話しました。

今日は、自分にできることを
依頼するについてです。

まずは、自分にできることを
依頼するのが簡単です。

自分で仕事の内容が分かっていることなので
パートナーさんにも教えやすいですよね。

なので、このように整理していきます。

まずは、1つ目としては

自分にできることを洗い出す

ということですね。

自分にできないこと、できることを
洗い出して
自分にできることを分類していきます。

そして、2つ目としては

単純作業を洗い出す

ということですね。

毎回仕事の内容が変わる
というようなことは、
その都度判断が必要になります。

なので、単純でいつも一定のものが
依頼しやすいです。

最後に、3つ目としては

定期的なことを洗い出す

ということですね。

自分が毎日やっていたり、
毎週やっているような
定期的なことは何かを
洗い出します。

そうすることで、
依頼しやすいことが分かってきます。

たとえば、
交渉でいれば、ショップを探してメールを送ってもらったり、
収支管理で言えば、売上の入力だったり
このように単純で定期的なものを
洗い出していきます。

それが、できたら
次やいよいよ募集分の開始になりますね。

また、次回にお話しますね。

というわけで、今日は仕組み化のできることを洗い出す
についてでした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分が作りなれている料理は、人にも教えやすいです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^