欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスでより深くリサーチするために。(王道編 続編2)

こんばんは。

読者の方からの
ご感想です。

「ラッコさんは、自分のことを
どノーマルと言われていますが、
それって、ツッコミ待ちとしか思えません。
本当にほしがりですよね」

ちょっと、ちょっとーー
待ってくださいよー

ほんとに自分では
ノーマルと思っていますし、
ツッコミ待ちでも、ほしがりでも
ないですってーー

血液型の話から
随分と切れ味のするどい
コメントをいただいております。

切れ味、するどすぎます。

今日も
ノーマルな人間が
ノーマルな輸入の話をしてまいります。

なぜか
ノーマル感を出すために
言葉遣いも
若干、丁寧になっております。

さてさて、
いただいた
ご質問にお答えしていきます。

「欧米輸入のリサーチをしています。
ブログで書かれていたお客様目線の
リサーチをしたら、今までとは違った商品を見つけられるようになりました。

でも、どんどん深堀していたら迷子になってしまうことがあります。
この場合、どうすればよいでしょうか?」

なるほどですねー

これは、とてもよいご質問ですね。

お客さま目線のリサーチは
こちらの記事ですね。

輸入ビジネスでより深くリサーチするために。(王道編)

代理店ビジネスでより深くリサーチするために。(王道編 続編)

なかなか反響があったようで
よかったです^^

たしかに、このリサーチをすると
あなたがご自分の頭の中で
思い描いたキーワードで
Googleなどで検索するので
違ったキーワードが見つかります。

それを、また
Amazonなどで検索すると
今までと違った商品が
見つかるようになります。

それでなんですが、
ここで、あまりにも
お客さまの行動などや
趣味嗜好を調べていくと
今度は深堀しすぎて、かえってこれなくなります。

「あれ?自分ってなんのリサーチしていたんだっけ?」

となります。

なので、このように
一回Amazonの外に出て
リサーチをしたらそこでキーワードを拾って
またAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどに
戻ってくるとよいですね。

一度、外に出てキーワードを拾う
そのキーワードを使って
「キーワード 輸入」
といった形でリサーチする

そして、またそのキーワードを
リサーチし終わったら、また
新しいキーワードを見つけるために
外に出てみる

といった感じにすると
深堀しすぎて
戻ってこれないということが
なくなります。

最初はちょっと難しいかもしれませんが
あくまでも、お客さまがどのようなものを求めているか
という目線をもってリサーチをしていれば
だんだんと慣れています。

Googleだけではなくて、
本でも、雑誌でも、実店舗でも
応用できます。
同じ考えです。

これは、
単純転売の小売り仕入れのリサーチも
交渉での卸やメーカー商品のリサーチでも
総代理店ビジネス、独占販売商品のリサーチでも
同じ考え方になります。

やればやるほど、上達していき
あなたの武器になります。

もっというと
代理店ビジネスで商材が決まった後でも
マーケティングやターゲティングのときにも
とても大事なリサーチ方法です。

これは、誰かに教わったノウハウでもなければ
ネット上で見つけた情報でもなくて
あくまでも私が実践の中で、
コンサルティングの中で効果があったと思う
やりかたをブログでもお話ししています。

本質的なことほど
応用が利きます。

本質的なことほど
変化に対応できます。

本質的なことほど
長く使えます。

リサーチをしていて
同じ商品ばっかりグルグルしているなー
という方は、一度試してみるとよいですよ。

というわけで、

輸入ビジネスでより深くリサーチするために。(王道編 続編2)
でした。リサーチの参考になれば幸いです。

ほんと、大事なんです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
遠回りに見えることほど、結果、近道だったりします。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^