欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスで時間がないときシリーズ(洗い出し編)。

 

こんばんは。

最近はなるべく
アイスを食べないようにして
その代わり果物を食べるようにしています。

それでなのですが、
コンビニで油断して買い物をしていたら
あまりにも興味をそそられるタイトルのアイスを見つけてしまいました。

昔なつかしアイスクリン

です。

シンプルなパッケージに、昭和を感じさせるデザインです。

思わず買って、食べてみたのですが
これがシンプルにおいしかったです。

とにかくシンプル。

こういうのって病みつきになりますよね。
完全に負けました。
油断しないようにします。

興味がある方は一度お試しください。
始めて食べるのに、なぜか懐かしいという不思議な感じがします。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はタスク管理についてお話しさせてください。

Amazon欧米輸入ビジネスでやることがたくさんあるとき

よくいただくご質問として

「やることが、たくさんありすぎて
どれからしてよいかわからない」

「時間が全然足りない」

ということがあります。

この場合のポイントとして、
まずは、ご自分が

現在どのようなタスクがあるか

を把握することが大事です。

やりかたとしては、
まずは、何も考えずに
『やること』をすべて書き出してください。

・カンタンに終わること
・時間がかかる難しいこと
・仕事でやること
・勉強としてやること
・プライベートのやること
・人に頼まれたこと

なんでもよいので、まずは紙に書き出してみます。

このときの1つ目のポイントとして、
とにかく思いついたことをすべて
紙の中に書いて、
頭の中のモノをすっきり吐き出すようにしましょう。

小さなものでもなんでもよいです。

やることが多すぎると思っている場合は、
実際にやることがどれだけあるか
いったん全て書き出してみる

2つ目のポイントとしては、
優先順位は意識しないでどんどん書き出します。

例:・毎月の仕入
・Yahoo!ショッピングの出店
・●●商品の新規登録
・エクセルのファイルの整理
・机の整理
・パソコンの買い替え
・●●の本を読む
・交渉メールの送信

など、優先順位は意識しないで書き出します。

3つ目のポイントとしては、
整理する時間を作るということです。

タスクが多いときは、定期的に整理する時間を作りましょう。
時間を作る価値は十分にあります。

何事も段取りが大事です。


道順をしらべてから、出発する。
献立を決めてから、料理を作る。

というように、準備が必要です。

目先の業務に追われないで、
将来も目標達成のためのことも
書き出します。
実際に少しずつでも行動していかないと、
目標には近づかないためです。

たとえば、何かの資格の取得の
ための勉強など長期的なものも書いていきます。

このようにして、タスクを
可視化してみることが大事です。

実際にやってみると、
思ったほど項目がないことが多いです^^

これをやってみると、
ほんと頭がスッキリしますので
やることが多すぎて困っている人は
一度お試しくださいね。

というわけで、
輸入ビジネスでやることが多すぎて困るときの
3つのポイントについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
設計図を作っていないと、家を建てるのは難しいです。

 

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^